ビタミンCだけじゃない! 風邪予防にとりたい栄養素とおすすめのとり方【管理栄養士監修】

ビタミンCだけじゃない! 風邪予防にとりたい栄養素とおすすめのとり方【管理栄養士監修】

風邪予防にとる栄養素というと、何を思い浮かべますか?ビタミンCを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

確かに、免疫力向上に貢献するとされる栄養素のため、ぜひとっておきたいところです。しかし、風邪予防には、他にもとっておきたい栄養素がありますよ。管理栄養士がご紹介します。

栄養素をバランスよくとるのは風邪予防の基本ですが、以下の栄養素を含む食品を積極的に食事に取り入れましょう。

 

冬の風邪予防におすすめの7つの栄養素

1.ビタミンA

皮膚や口腔、のど、鼻などの粘膜を健康に保ち、病原菌などが身体に侵入するのを防ぐ働きが期待できます。

含まれる食品:レバー、うなぎ、緑黄色野菜など

2.ビタミンC

免疫力を高める働きが期待できます。

含まれる食品:野菜、果物、いも類など

3.ビタミンE

強い抗酸化作用をもち、細胞の老化を防いで健康な身体の維持に貢献します。

含まれる食品:オリーブオイル、ごま油、ナッツ、ごま、鮭など

4.食物繊維

腸内環境を整えて老廃物の排泄を促し、免疫力の向上に貢献します。

含まれる食品:野菜、果物、きのこ、海藻など

5.脂質

体の細胞膜の成分やホルモンの材料になり、健康な身体の維持に貢献します。

含まれる食品:肉、魚、オリーブオイル、ナッツ、ごまなど

6.たんぱく質

免疫力を高める働きが期待できます。

含まれる食品:肉、魚、乳製品、卵、豆など

7.ショウガオール

身体を温める働きがあり、冷えによる免疫力の低下を防いで風邪予防に貢献します。

含まれる食品:生姜(※乾燥させるか、加熱してとるのがおすすめ)

 

これらの栄養素を効果的にとるには、鍋料理がおすすめです。

たんぱく質を含む食品、野菜、生姜を入れた鍋なら、手軽に栄養素をとることができますよ。

鍋の仕上げにエキストラバージンオリーブオイルをかけると、脂質とビタミンEがプラスされ、栄養素の相乗効果によってより一層の風邪予防への貢献が期待できます。

※房総オリーヴでは、国産オリーブでつくるオリーブオイルを商品化できるよう、オリーブ栽培をしています。実がとれたら、商品になる予定です。お楽しみに!

 

風邪予防におすすめの7つの栄養素をご紹介しました。

これらの栄養素を含む食品を食事に取り入れて、風邪を予防し元気に過ごしていきましょう。

 

執筆・編集:フードクリエイティブファクトリー

https://foodcreativefactory.com/

監修:管理栄養士 五十嵐ゆかり

https://lineblog.me/igarashiyukari/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です