オリーブオイルを入れると美味しいって知ってた? 手作りの「割り下」で食べる絶品すき焼きと簡単〆アレンジ

オリーブオイルを入れると美味しいって知ってた? 手作りの「割り下」で食べる絶品すき焼きと簡単〆アレンジ

寒い季節に食べたいすき焼き。アツアツの具をとろ~り卵に絡めて食べるのは、最高においしいですよね!

関東風と関西風がありますが、房総オリーヴが位置する千葉県では関東風で食べることが多いです。関東風は、甘辛しょうゆ味の煮汁で具を煮ながら食べるのが一般的ですが、実は、オリーブオイルをかけて食べても美味しいんです。

すき焼きにオリーブオイル!?と驚くかもしれませんが、これが意外と合うんです!上品な香りが加わってまた違った味わいを楽しめますよ。

いつものすき焼きにオリーブオイルをちょい足しするだけでOKなので、この冬は「すき焼き×オリーブオイル」の組み合わせをぜひ試してみませんか?

それでは早速、レシピをご紹介します。

 

手作りの「割り下」で食べる 絶品すき焼きの作り方

材料:2人分

■割り下

A酒…100ml

Aみりん…100ml

A醤油…100ml

Aきび砂糖…20g

昆布…5×10cm

■すき焼きの具

白菜…1/4株

春菊…1/2束

長ねぎ1/2本

椎茸…4枚

エノキ…1/2袋

焼き豆腐…1/2丁(150g)

牛脂…1個

すき焼き用牛肉…200g

卵…2個

エキストラバージンオリーブオイル…適量

 

▼下準備 

白菜はざく切り、春菊は6cm幅に切る。長ねぎは1cm幅の斜め切りにする。椎茸は軸を切り落として飾り切りする。エノキは石づきを切り落とす。焼き豆腐はひと口サイズに切る。

 

▼作り方 (調理時間:30分)

1.(割り下を作る)鍋にAを入れて強火で熱し、ひと煮立ちさせたら火を止めて昆布を取り出す。

2.すき焼きの鍋に中火で牛脂を熱し、脂が出てきたらすき焼き用牛肉のうち、2枚の表面を焼く。

3.割り下をおたま2杯分程度加えて煮立たせる。

牛肉に火が通ったら、すかさず卵を溶いて絡めて食べてください!

4.残りの割り下と全ての具を加え、火が通るまで煮る。

火が通った順に食べましょう。卵を溶いて具を絡めたら、エキストラバージンオリーブオイルをかけて召し上がれ!

 

〆には卵かけごはんをぜひ!

ここにもエキストラバージンオリーブオイルをかけると複雑な香りが加わって味わいがいいですよ。

 

すき焼きの甘辛だれで食べる たまごかけごはん

材料:2人分

すき焼きの煮汁…適量

ごはん…茶碗2杯分

卵…2個

粗挽き黒こしょう…適量

エキストラバージンオリーブオイル…大さじ1

作り方(調理時間:5分)

1.すき焼きの煮汁を鍋に入れて中火で熱し、1/2量になるまで煮詰める。

2.器にごはんを盛り、中央に少しくぼみをつくって卵を落とす。

3.粗挽き黒こしょうをふり、すき焼きの煮汁適量(1人あたり大さじ1~2が目安)をかけたら、エキストラバージンオリーブオイルをかける。

混ぜながらお召し上がりください。エキストラバージンオリーブオイルはお好みで足してもおいしいです。

※房総オリーヴでは、国産オリーブでつくるオリーブオイルを商品化できるよう、オリーブ栽培をしています。実がとれたら、商品になる予定です。お楽しみに!

 

執筆・編集:フードクリエイティブファクトリー

https://foodcreativefactory.com/

監修:管理栄養士 五十嵐ゆかり

https://lineblog.me/igarashiyukari/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください