意外と簡単!おもてなしにぴったり! 変わり種「バラ餃子」の作り方

意外と簡単!おもてなしにぴったり! 変わり種「バラ餃子」の作り方

おもてなし料理を作るとき、どんな料理を作りますか?

おしゃれな洋風料理も素敵ですが、あっと驚く変わり種の「バラ餃子」もおすすめです。

一見難しそうですが、実は意外と簡単に作ることができるんです。

 

レシピをご紹介します。

意外と簡単!おもてなしにぴったり! 変わり種「バラ餃子」の作り方

▼材料:2人分

餃子の皮…24枚

豚ひき肉…100g

キャベツ(みじん切り)…1枚

玉ねぎ(みじん切り)… 1/6個

醤油…小さじ2

片栗粉…大さじ1

コショウ…適量

エキストラバージンオリーブオイル…大さじ1/2

お湯…150ml

ベビーリーフ…適量

ミニトマト(半分に切る)…適量

▼作り方

1.ボウルに豚ひき肉、醤油を入れて粘りがでるまでこねたら、キャベツ、玉ねぎ、片栗粉、コショウを加えて混ぜ、8等分にする。

2.餃子の皮を3枚重ね、重なるところに水をつけてくっつけ、1のタネをのせ、太さ1cm位にのばす。このとき、両端3cmのところはタネをのせない。

3.フチに水をつけて半分に折る。

4.巻いて閉じ目に水をつけて閉じる。

5.指で優しく花びらを開く。

6.フライパンにエキストラバージンオリーブオイルを引いて中火で熱し、5を並べる。

7.裏面が薄きつね色になったらお湯を加えて蓋をし、8分蒸す。

8.蓋を外して水気を飛ばす。

9.器にベビーリーフ、ミニトマト、8を盛る。

10.お好みでカレー粉やパプリカパウダーをふり、トマトケチャップ大さじ2、醤油大さじ1、エキストラバージンオリーブオイル大さじ1/2を混ぜて添える。

カレー粉やパプリカパウダーをふった方が華やかになります。定番の醤油ベースのたれで食べてもおいしいですが、ケチャップだれとの相性もいいです。

 

バラ餃子は華やかな見た目で難しそうに思うかもしれませんが、意外と簡単に作れるので、母の日や誕生日などに作ってみませんか。

 

 

執筆・編集:フードクリエイティブファクトリー

https://foodcreativefactory.com/

監修:管理栄養士 五十嵐ゆかり

https://lineblog.me/igarashiyukari/

 

※房総オリーヴでは、国産オリーブでつくるオリーブオイルを商品化できるよう、オリーブ栽培をしています。実がとれたら、商品になる予定です。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください